Author Archives: admin01

白髪ヒゲの脱毛は、年齢に関係ないニードル脱毛法ならできる?

レーザーはメラニン色素がターゲットになるのに対し、ニードル脱毛法はメラニンとは無関係。

難関はありますが白髪ヒゲの脱毛や年齢もクリアできます。

⬛メラニン色素とは無関係のニードル脱毛法なら!

白髪のヒゲを脱毛する際、“白髪になるとレーザーでは脱毛できない”。

その理由は、レーザーはメラニン色素に反応して毛根を絶滅に追い込みますが、白髪のヒゲになるとそのメラニンがなくなってしまうからです。

それなら針と電気を使って脱毛するニードル脱毛ならどうでしょうか。

答えはYES、ニードルなら白髪ヒゲでも脱毛できます。

■ニードル脱毛法なら可能でも2つの難関がある。

ニードル脱毛法の最大の難関は、「痛いこと」と「時間がかること」です。

ニードルはメラニン色素とは無関係なので、ヒゲでもどこの部位の体毛でも脱毛は可能ですが、毛穴に電気針を直接刺していくので、施術開始までにけっこう時間がかかります。

また電気を通した際の刺激が強く、経験者からは「けっこう痛い」という感想を耳にします。

そうまでして白髪のヒゲを抜く必要があるか、もう一度熟考しましょう。

■ヒゲを脱毛するという発想ではなく、白髪ヒゲをうまく残して“デザイン的なヒゲにする”という手もあります。

単純に「白髪だから脱毛してしまいたい」、「老けた年齢にみられるから」というなら、デザイン的な白髪ヒゲにして残せば返ってオシャレにみられます。

ダンディーで落ち着いた男性は年齢に関係なくモテる傾向に~。

ニードル脱毛法を選ばなくても、そういうコンセプトならレーザーでも対応できます。

白髪ヒゲの脱毛は、年齢に関係ないニードル脱毛法ならできる? はコメントを受け付けていません

Filed under レーザー脱毛とニードル脱毛

ヒゲの脱毛に“年齢制限がある”というのはホントですか?

ヒゲの脱毛は若いうちはやっても非効率。

でも白髪になってしまうとちょっと手遅れ~。

そういう意味での年齢制限はあります。

施術は何才でも受けられます。

⬛年齢的なキーワードは20代・30代、白髪未満。

ヒゲの脱毛に年齢制限はありませんが、脱毛に適した年齢というのはあります。

たとえば新陳代謝が激しい10代の脱毛は効率が悪いとか、脱毛するなら30才を超えてからのほうがいいとかです。

年齢を重ねると男性ホルモンの働きが弱くなるので、脱毛したヒゲの再生率が低くなるという理由からです。

また年齢制限はないものの“白髪の髭が生える前に脱毛すべき”という見解もあります。

【気になる記事】TOKIO長瀬智也 ヒゲも鼻毛も白髪が増え嘆く…「最近、きました」

■レーザーには反応しない!? 白髪のヒゲの脱毛。

光脱毛(フラッシュ脱毛)や医療レーザーによる脱毛は、毛根のメラニン色素にレーザー光を照射させて、毛穴や毛乳頭組織の再生機能を壊滅状態に追い込むというやり方です。

しかし白髪になってしまうと髪の成分にあったメラニンが消滅してしまうので、いくらレーザーを照射しても“組織の壊滅”にはつながりません。

ヒゲの白髪と頭髪の白髪はほぼ同時期なので、髪の状態で判断するほうがわかりやすいです。

■年齢制限はありませんが、“脱毛に適した年齢”や“白髪前の脱毛”といった注意はあります。

若白髪の男子は、年齢に関係なく検討しましょう。

ヒゲの脱毛に年齢制限はありませんが、脱毛適齢期のような効率課題はあります。

とくに白髪の人は早めの脱毛プランを検討しましょう。

若白髪と言われる人は20才代でも生えてきます。

メラニン色素との関係があり、ヒゲの脱毛効率だけを考えるなら早めがおすすめです。

ヒゲの脱毛に“年齢制限がある”というのはホントですか? はコメントを受け付けていません

Filed under ヒゲの脱毛とタイミング

就活前の年齢でヒゲを脱毛するのは良くないでしょうか?

ヒゲの脱毛はいつ行なっても同じようなものですが、年齢的には10代よりも20代、20代よりも30代に入ってからがベスト。

それは人間の新陳代謝と関係があります。

⬛年齢が上になるほどヒゲは抜けにくいって!?

ヒゲの脱毛に関するサイトを検索すると、「年齢を重ねるほど新陳代謝が悪くなるので、髭が抜けにくくなる」といったような記事があります。

それならば10代のうちにヒゲを脱毛してしまったほうがいいような気もします。

しかし未成年のうちからヒゲを脱毛すると、今度はヒゲの再生率が高くなってしまうので、コストパフォーマンスという意味ではあまり良くありません。

■10才代の“若いヒゲ”はレーザーが効きにくい。

10代の脱毛はなぜ効率が悪いかというと、新陳代謝が旺盛でこれからどんどんヒゲが濃くなっていく成長期に脱毛しても、“若いヒゲ”にはレーザーが反応しにくく、永久脱毛にはならないからです。

理想的にいえば30代に突入してからがベスト。

早く脱毛したいという人でも、20才以降での脱毛をおすすめします。

もちろん起業家やモデルなどを学生時代からやっていというような事情のある人は別です。

■ヒゲを脱毛する年齢は、コスパで考えるなら20才以降からがベスト。

30代で密度が濃くなる時期ならなおベストです。

どうしてもヒゲの脱毛を敢行したいという人は、10代の新陳代謝が旺盛な時期ではなく、20才以降に行ないましょう。

もちろん再生したら何回でも行くという人は自由です。

脱毛は10カ月~1年と長期にわたるため、脱毛効率・コスパをいっしょに考えておきましょう。

就活前の年齢でヒゲを脱毛するのは良くないでしょうか? はコメントを受け付けていません

Filed under ヒゲの脱毛の効果とリスク

年齢的にいって10代でヒゲを脱毛するのは良くない?

ヒゲの脱毛はいつ行なっても同じようなものですが、年齢的には10代よりも20代、20代よりも30代に入ってからがベスト。

それは人間の新陳代謝と関係があります。

⬛年齢が上になるほどヒゲは抜けにくいって!?

ヒゲの脱毛に関するサイトを検索すると、「年齢を重ねるほど新陳代謝が悪くなるので、髭が抜けにくくなる」といったような記事があります。

それならば10代のうちにヒゲを脱毛してしまったほうがいいような気もします。

しかし未成年のうちからヒゲを脱毛すると、今度はヒゲの再生率が高くなってしまうので、コストパフォーマンスという意味ではあまり良くありません。

■10才代の“若いヒゲ”はレーザーが効きにくい。

10代の脱毛はなぜ効率が悪いかというと、新陳代謝が旺盛でこれからどんどんヒゲが濃くなっていく成長期に脱毛しても、“若いヒゲ”にはレーザーが反応しにくく、永久脱毛にはならないからです。

理想的にいえば30代に突入してからがベスト。

早く脱毛したいという人でも、20才以降での脱毛をおすすめします。

もちろん起業家やモデルなどを学生時代からやっていというような事情のある人は別です。

■ヒゲを脱毛する年齢は、コスパで考えるなら20才以降からがベスト。

30代で密度が濃くなる時期ならなおベストです。

どうしてもヒゲの脱毛を敢行したいという人は、10代の新陳代謝が旺盛な時期ではなく、20才以降に行ないましょう。

もちろん再生したら何回でも行くという人は自由です。

脱毛は10カ月~1年と長期にわたるため、脱毛効率・コスパをいっしょに考えておきましょう。

年齢的にいって10代でヒゲを脱毛するのは良くない? はコメントを受け付けていません

Filed under ヒゲの脱毛とタイミング