年齢的にいって10代でヒゲを脱毛するのは良くない?

ヒゲの脱毛はいつ行なっても同じようなものですが、年齢的には10代よりも20代、20代よりも30代に入ってからがベスト。

それは人間の新陳代謝と関係があります。

⬛年齢が上になるほどヒゲは抜けにくいって!?

ヒゲの脱毛に関するサイトを検索すると、「年齢を重ねるほど新陳代謝が悪くなるので、髭が抜けにくくなる」といったような記事があります。

それならば10代のうちにヒゲを脱毛してしまったほうがいいような気もします。

しかし未成年のうちからヒゲを脱毛すると、今度はヒゲの再生率が高くなってしまうので、コストパフォーマンスという意味ではあまり良くありません。

■10才代の“若いヒゲ”はレーザーが効きにくい。

10代の脱毛はなぜ効率が悪いかというと、新陳代謝が旺盛でこれからどんどんヒゲが濃くなっていく成長期に脱毛しても、“若いヒゲ”にはレーザーが反応しにくく、永久脱毛にはならないからです。

理想的にいえば30代に突入してからがベスト。

早く脱毛したいという人でも、20才以降での脱毛をおすすめします。

もちろん起業家やモデルなどを学生時代からやっていというような事情のある人は別です。

■ヒゲを脱毛する年齢は、コスパで考えるなら20才以降からがベスト。

30代で密度が濃くなる時期ならなおベストです。

どうしてもヒゲの脱毛を敢行したいという人は、10代の新陳代謝が旺盛な時期ではなく、20才以降に行ないましょう。

もちろん再生したら何回でも行くという人は自由です。

脱毛は10カ月~1年と長期にわたるため、脱毛効率・コスパをいっしょに考えておきましょう。

年齢的にいって10代でヒゲを脱毛するのは良くない? はコメントを受け付けていません。

Filed under ヒゲの脱毛とタイミング

Comments are closed.