黒毛和牛、褐毛(あかげ)和牛、無角和牛、日本短角牛の総称として和牛という

牛肉、和牛、黒毛和牛と文字を見ただけでその美味しさが伝わってくるものです。

和牛は食肉専用として飼育されたもので、黒毛和牛、褐毛(あかげ)和牛、無角和牛、日本短角牛があり、その総称とし和牛という言葉が使われています。

[関連リンク:「和牛」と「国産牛」の違い

その種類の中でも黒毛和牛は飼育されている数が多く、日本各地で飼育されています。

松坂牛、神戸牛、米沢牛、佐賀牛、小倉牛、などの有名ブランドはすべて黒毛和牛です。

黒毛和牛の肉の特徴は、「きめ」が細かくまろやかで柔らかく、鮮やかな紅い色に細かいサシ(霜降り)があるのが特徴です。

それは見た目もきれいでまさに芸術品とまで称賛されています。

脂肪の風味も良く、肉の旨味においては差をつけていると言われています。

口の中に入れると、舌の上でとろけるような柔らかい風味は日本人の舌をうならせてきました。

一度食べたらその美味しさは記憶から離れることはないのでしょう。