ヒゲを脱毛する適齢期のようなもの、年齢でいちばん多いのは?

ヒゲの脱毛に踏み切る男性が増えるのは、ヒゲが濃くなりはじめて、不似合いだとか無精ヒゲでは都合が悪いと感じはじめるころ。

年齢的には30才代中盤からが多いです。

⬛ヒゲが濃くなるのはテストステロンの分泌。

ヒゲが濃くなる原因は男性ホルモンの分泌によるものです。

ホルモンのテストステロンが盛んな青年期を過ぎると分泌量が減りヒゲが濃くなります。

新陳代謝が鈍くなる青年期以降は分泌量が減るので、ヒゲはさらに濃くなるとされています。

つまり「ヒゲの脱毛適齢期」は早くても20才を過ぎてから。

一般的な平均年齢でいうと、30才代のはじめからということになります。

■30才代中盤、キーパーソンになったら脱毛。

ヒゲは年齢とともに気になり出すものです。

30代に突入するとヒゲが似合う人と似合わない人の差がハッキリしてくることもあり、この時点で脱毛に踏み切る人の数がいっきに上昇しています。

また社会的にみればキーパーソンの年齢に突入しているので、営業面での成績や部下に対するリーダーシップも重要になってきます。

手入れが行き届かない、無精ヒゲになりやすくマイナスの影響が出やすい人たちが、30才の中盤から終盤にかけて脱毛に踏み切っています。

■ヒゲの脱毛は年齢で割りきれるものではありませんが、身体のメカニズムでは20才以降、社会的には30才代中盤が多いです。

ヒゲが不似合い、無精ヒゲではすまされないほど密度が濃い、リーダー的な年齢になって好感度アップも大事~。

脱毛の理由はいろいろありますが、脱毛前にはクリニックの医師などとよく相談しましょう。

いきなり永久脱毛してヒゲを失うと後悔することもあります。

▽サイトPickup…ひげ(髭)の永久脱毛なら、強力医療レーザー・ゴリラ脱毛 | 分割OK。月々3,000円|東京、横浜、名古屋、大阪、福岡